エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社ヘルスケア × メディカル IoT

離床リスク検知センサ「EVER Relief」

離床直前の状態を非接触で検知することができるセンサです。
ベッド上での起き上がり動作を検知すると自動的にナースコールを鳴動させます。

起き上がる前にベッドから降りてしまってはすでに手遅れ

要介護者が一人でベッドから降りようとする際に転倒による怪我のリスクが最も増大し、床に足をついてしまった時点では転倒している可能性があります。したがって、ベッドから降りる直前の状態を捉えることが重要と考えます。

このセンサを利用すれば、ベッドから降りる前にいち早くナースコールを鳴動させることができます。

起き上がり?寝返り?誤報や失報が圧倒的に少ない

現在でも起き上がりを検知するセンサは種々販売されています。しかし、最も普及しているタイプのセンサは何らかのスイッチを利用しているものが多く、単なる寝返り動作でもナースコールが鳴動しまったり、検知できずにナースコールが鳴動しなかったりということが少なくありません。センサの誤報や失報が現場職員に大きなストレスとなっていることも否めません。

本センサは単なるスイッチではなく、複数のセンサを用いて起き上がり動作を立体的に捉えることで誤報を劇的に減らすことに成功しました。

機能紹介

2つのバイタルセンサが立体的に動作を判定

2つの方向から 同時にセンシングします
メインセンサとサテライトセンサにより検知エリアを限定して要介護者の体動を高精度に検知します。
センサが反応する順序により判定します
2つのセンサが反応する順序を元に、要介護者の起き上がり動作を判定するため正確な判定が可能です。

センサが捉えたバイタルデータを活用

呼吸と脈拍に異常がある際もナースコールを鳴動させます
就寝中に要介護者のバイタルデータに異常があった場合にも、いち早く駆けつけることができます。

バイタルデータを蓄積して可視化します(オプション)
センサが捉えたバイタルデータをWi-Fi経由でクラウドに蓄積することで、可視化したり、就寝中のバイタルデータの変化について分析したりすることができます。

設置や設定が簡単

コンパクト設計のため設置が容易
メインセンサをマットレスの下に、サテライトセンサを壁に設置するだけです。

スマホアプリを使って簡単設定
スマホに設定アプリをインストールしていただき、調整用の各種パラメータを簡単に設定することができます。
TOPへ戻る